テーマ:音楽

5ヶ月ぶり

昨日今日は自宅で秋にあるコミュニティーの演奏会で演奏する2組のリハでした。 なんと5ヶ月ぶり。コンサートが延期になったので。 組み合わせはフルートドゥオ。もう1組がチェロ・フルート・ピアノのトリオ。 このご時世ソーシャルティスタンスを守ってとのことで。 いつもであればフルートを横にして行うリハも今回ばかりは2台あるピアノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ始まりました

新型コロナの影響ですべてがストップしてしまったクラシック界。 先月から徐々に動き出しましたが観客動員数5000以上が可能になった今月からオーケストラの観客を入れての演奏会が始まりました。 友人がいるオーケストラも演目を変更しての演奏会が一昨日に始まり、お客さんもですが演奏をしている団員たちが最も嬉しかったとのことでした。響きのあるホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日にちょっとお薦め

今年の梅雨の雨は各地、特に九州地方に甚大な被害をもたらしています。 未だやむことのない雨。 自然は私たちに何を訴えたいのかなと思います。 雨にちなんだ曲、まず思い浮かぶのがショパンの雨だれ、ブラームスの雨の歌。 しかしそれもずいぶん聴いたな~と思って色々と探していたらこういうものが見つかりました。 https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年前半は色々と。。。

今年前半の音楽界は灰色どころか真っ黒になってしまいました。 今回の騒動で3月以降4月、5月のコンサート関係はほぼ壊滅。 3月の宮崎でのミュージックアカデミーinみやざき、3月下旬からの東京・春・音楽祭、5月開催のラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020、宮崎国際音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭がすべて中止または延期。 コンクールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートのお知らせ・・・藤原浜雄ヴァイオリンリサイタル2020

コンサートのお知らせです。 ヴァイオリニストの藤原浜雄先生とピアニストで奥様でいらっしゃいます三上桂子先生のドゥオコンサートが2月20日紀尾井ホールで行われます。 日時:2020年2月20日(木)18:30開場 19:00開演 場所:紀尾井ホール 曲目 ヴィタリ(シャルリエ編):シャコンヌ ト短調 ラヴェル:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決まった!

今年の6月のコンサート。 最後まで決まらなかった曲目が決まりました。 これでプログラムが決まり後は曲順と練習。 でも。。。 前半の曲順、難しいなぁ。 ヴァイオリニスト、チェリスト、それぞれ意見が分かれそう。 というか2曲なんですけど。。。 先がよいかあとがよいか。 曲の雰囲気からするとヴァイオリン、チェロの順が良さそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月~。

8月に入り猛暑が続いています。 生徒さんたちはそろそろ夏休みの時期。 帰省したり遊びに行ったりと楽しみたくさん。 その間の練習はというと、気にしない!がモットー。 遊びたい時は遊び、帰ってきたらまた心機一転頑張る。 それが一番です。 その間の私と言えばできるだけレッスンを1日にまとめ休みを多くしています。 自分のことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッホのコンチェルティーノ

秋にあるアマチュア関係のコミュニティでの演奏の初合わせが今日ありました。 曲目はブロッホのFlとVa(Cl)と弦楽合奏(Pf)のためのコンチェルティーノ。編成はFl・Cl・Pf。 いつも組んでいるドゥオにクラリネットの方・・・こちらもいつも組んでいるトリオの方ですが・・・を入れての初組み合わせ。 ブロッホというとても変わった音を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も後半です

今年も7月になりいよいよ後半。 昨年は9月にライブがあったのでこの時期も結構大変でしたが、今年は本番を入れていない(プロ関係はです)ので比較的緩やか。 後半はアマチュア関係が1つのみ。ただこれがブロッホというなんとも独特な世界観のある作曲家なので音が不思議。それで苦戦中。 その他久しぶりにクリスティアン・ツィメルマンのコンサートに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイコフスキーコンクール

3大コンクールの1つ、チャイコフスキーコンクールのピアノ部門が終わりました。18歳の藤田真央君が見事2位に。おめでとうございます! 予選2つでファイナル。ピアニストとしてのあらゆる資質をふるいにかけるような課題の予選にコンチェルト2曲を弾くファイナル。 考えただけで私はゾッとするのですが。。。 藤田君はクララ・ハスキルコンクールで日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートコンサートコンサート!

今月はとにかくコンサート三昧。 私には珍しく1ヵ月で4つ。今週だけで2つ。それぞれに楽しかったです。 まず火曜日に伺ったのがオペラ歌手でいらっしゃる松本美和子さんの門下生によるコンサート。 若い学生さんから現役世代、そしてその後の趣味として勉強をされている皆さん。鹿児島で参加をしていましたセミナーにて知り合いその後ずっと交流を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューマン

このところシューマン付いてます。 生徒さんがシューマンを弾き、私がシューマンを練習し、昨晩はシューマンのピアノ協奏曲を聞き。 私の音楽人生でここまでシューマンに囲まれた時はなく。むしろ学生時代の嫌な思い出にて避けて通っていたこともあり。 ただ私が年を重ねたこともあってか、以前ほどにシューマンが嫌でなくなっているのは事実。 室内楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原浜雄&三上桂子プロデュース 『魅惑のデュオⅩⅣ』

藤原浜雄&三上桂子プロデュース『魅惑のデュオⅩⅣ』、今年も行ってまいりました。 魅惑のシリーズは隔年なのですが、昨年2月に続き連続になりました。その間に紀尾井でのコンサートもありかなり幸せな感じ。 今回のプログラムは ストラヴィンスキー:イタリア組曲 (1932) ドホナーニ:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ 嬰ハ短調 作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュ演奏会終了。そして...

先週の日曜日、関係をしているアマチュアのコミュニティの演奏会が終わりました。全部で3組、内1組は同期生なのでプロですが。 なぜプロの私がアマチュアのアンサンブル引き受けているのか、疑問に思う友人知人が結構います。答えは簡単で組ませていただいているメンバーは音楽が大好きで、考え方も真面目で、何より自分がアマチュアだからと甘えたり諦めたり勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニールセンとサン=サーンス

久々の更新となりました。 6月に入ってジメジメは本当に嫌いです。 梅雨がないと夏になったら困るのはわかっているんですけれど。 今日は秋のコミュの演奏の1つ、フルートとの合わせ。 実は母が腰椎圧迫骨折という事態になり、先月からほとんどピアノに触れない状況。そんな状態での合わせはどうかと思ったのですが、何しろ弾いたことが全くない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は1日雨。 憂鬱な感じではありますが雨は曲の題名として結構使われています。 名曲としても雨だれの前奏曲、雨の歌、雨の庭がすぐに思いつき、探せばきっともっともっとあるはず。 それだけ雨というものがメランコリックなもので、インスピレーションが湧きやすいのかもしれません。 こういう日は弾かずに名曲に浸るのも良いかも。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日フィル定期聞きました

昨日行ってきました日フィル定期。 指揮アレクサンドル・ラザレフ、ピアノ阪田知樹。 ワーグナー『トリスタンとイゾルデより前奏曲と愛の死』、シューマンピアノ協奏曲、チャイコフスキー交響曲第4番というプログラム。 どちらも存分に楽しめました。阪田さんのピアノはオケとアンサンブルが見事。なかなかそれが難しい曲ですから若手でよくここまでと感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍圭子先生傘寿記念演奏会

昨日は安倍圭子先生の傘寿の記念演奏会を聞きに東京文化会館へ行ってきました。 安倍門下の自主公演でありながら大ホールがほぼ満席。私は2階正面というとても良い席(周りは桐朋の先生方という恐ろしい状態でもありました)で、最前列は10ヵ国の駐日大使ご夫妻がいらっしゃっておりました。それだけ打楽器界の重鎮でありマリンバ奏者としてもパイオニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・ノマド

昨日はいつも演奏をご一緒していただいているVnの野口千代子さん、Vcの菊地知也さんが所属しているアンサンブル・ノマド(http://www.ensemble-nomad.com/)のコンサートに行って来ました。 アンサンブル・ノマドは現代音楽のみを取り上げ演奏するアンサンブル団体で今年で結成20周年だそうです。今回20周年のあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500円の謎

最近よく見かけるのがコンサートの当日券の+500円設定。 いつの頃からからこういうものが定着した感じです。 でもとっても違和感があります。 確かに前売り券と当日券では値段の差を付ける場合が多々あります。展示会や美術展では。ただその場合もだいたい200円位。 なぜそうなったかという理由を聞くと、値段差をつけることによって確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD到着!

先日注文をしたCDが届きました(^^) James Ehnes  Violin Sonata カナダ出身のヴァイオリニスト。 明け方放映されているBSクラシック倶楽部でたまたま聞いて即ポチっちゃいました。 Debussy・Elgar・Respighiという組み合わせ。 奇しくもこの秋に聞きに行くコンサートのプログラムの内の2曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しいな

昨日はコンサートを聞きに行ったあと友人と食事。 音大の同期なので話は弾み。 彼女の仕事の関係での話や私が困ったことについての相談。 ま~5時間くらい話し込んで。 それだけ話をしたのに帰宅後今度はLineでお話。 そこで出た楽しい提案。 実現したらとっても良いなって思います。 同じ土俵で仕事をしている関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートのお知らせ

3年ぶりになりますがコンサートを致します♪ 今回は室内楽の代表的な編成、二重奏と三重奏を楽しんでいただきたく、前回素晴らしい演奏~これぞ弦楽器の醍醐味~を聞かせて下さいましたヴァイオリニストの野口千代光さん、チェリストの菊地知也さんを再びお迎えいたしました。 軽いトークを交えながら前半は野口さん・菊地さんによる息の合った…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

手作りにて

コンサートをする時はチラシ以外全て手作り。 チケットの印刷が先ほど終了。 そしてそのチケットにナンバーを打つ←今ここ。 先は長い。 がんばろう! ☆HPリニューアルしました http://www.yamanouchipiano.com/ 随時生徒募集中です(^^) 是非お立ち寄りくださいませ♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートのお知らせ・・・藤原浜雄&三上桂子プロデュース 『魅惑のデュオⅩⅢ』

コンサートのお知らせです。 ヴァイオリニストの藤原浜雄先生とピアニストで奥様でいらっしゃいます三上桂子先生のデュオコンサートが2017年2月26日に代官山で行われます。 代官山クラシックコンサートシリーズVol.22 藤原浜雄&三上桂子プロデュース 『魅惑のデュオⅩⅢ』 日時:2017年2月26日(日)15:30開場 16:0…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

弾き初め

記録的に遅い弾き初め。 まずはドヴォルジャーク。 今年はどれだけの曲を弾けるかな。 ☆HPリニューアルしました http://www.yamanouchipiano.com/ 随時生徒募集中です(^^) 是非お立ち寄りくださいませ♪ ☆ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーシュインが。。。

お世話になっているコミュニティの忘年会。さすがというか単なる飲み会にならず演奏があるのがこのコミュ。 今まで平日の土曜日だったので欠席していたしましたのですが、今年は祭日ということで初めて参加。 さすがにガチのクラシックでは何なんで少し緩めのと選ばれたのがガーシュイン他。 もちろんアレンジですが私にとっては初ガーシュイン。 リズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の夏は。。。

今月末から九州・・・霧島国際音楽祭に行ってまいります。 仕事もあるのですが、12年ぶりにセミナーにも参加。 この年になって生徒の側に立つことになるとは夢にも思わず。 ただそういう経験もある意味必要かなとも。 ただ今ねじり鉢巻きにて持って行く曲を練習中。 間に合うのか~瀬戸際でございまする。 暑さになんて負けてられんぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も半分が終わり。。。

今年も既に半分が終わります。 年々本当に時が過ぎるのが早く感じます。 そんな今年前半。 ここ数年なかったくらいコンサートに行きました。 ほぼ毎月。 年初めに読響に行き今月末の武満先生のコンサートまで、プロ・友人からアマチュアまで、自費及び招待まぜて全部で8公演。 現役の頃でもこんなになかったのではないかな。。。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テンポ感・拍感は大事だなぁ

昨日はドビュッシーの合わせ。 とにかく合わせにくいの一言。 その原因がやはり個々のテンポ。 どうしても狂うんですよね。 元々指揮者がいてすぐ隣に違うメロディーが聞こえるわけではない状態での演奏ですから。 小編成アンサンブルとなるとその辺りが難しい。 きちんとしたテンポ感と拍感は必須。 自分なりに感じて揺らすにしてもまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more