テーマ:ピアノの上達には

落ち着き

落ち着きのない生徒さんが最近増えています。 私が子供の頃は先生の話を聞かなかったり、先生の前で行儀が悪いという事はまずなかったですし、椅子に10分も座っていられないという事もなかったです。 しかし最近は話を聞かずピアノで遊んでみたり、じっとして座っていられず体の向きを変えたり揺らしたり。 それを見ているお母様もご自宅でもそうだと言いなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学ぶ姿勢

学ぶ姿勢・・・生徒さん側の話と思われますが実はこれ親御さんの方です。 私は初めて入室される方には必ず『お子様だけではなくお母様もご一緒にピアノを習う思ってください』と言います。 これは子供って親のことを本当によく見ているからです。 以前にも書きましたが、親が真剣にピアノを習わせよう、ピアノと向き合おうと思っていたら、その方のお子さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会終了

今年の発表会が無事終了。 それぞれ失敗したと思ったり上手くいったりと思ったり。 ギリギリまで出来あがらずどうなるかと思ったり。 そんな中大きい生徒さんの1人Rさん。 終わった後の感想が 『今年は今までの中で1番緊張せず弾けて自分でも上手くいったと思う』 という事。 なので 『今までと練習の時の力の入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばった!

夏休みにちょっと遊んでしまったため全部分からなくなってしまった生徒さん。 今週のレッスンでは全部しっかりと出来るようになっていました。 がんばった! 元々しっかりしているのでちょっと考えれば出来る。ただ今まできちんと勉強として習っていなかったので、休みの時こそきちんと復習をしておかないと、という事が分からなかったみたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ~あ。。。

長期夏休みで久し振りのレッスンの生徒さん。 田舎に帰省されるとピアノのない環境が多いため、その中でいかに過ごすかなのですが。 私のところに来て初めて長期夏休みの生徒さん。帰省前に、ピアノが弾けないけれどこれは出来るはずだから必ず毎日やってね、と本人とお母様に伝えました。 さて休み明けのレッスン。あまり弾いていなくて本人気分的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと変わったかな

GWが終わり今週からまた通常レッスン。 生徒たちはというと珍しく遊び過ぎての練習不足が全くなく。 それぞれにきちんと課題をこなしていました。 今までにはない傾向。 先生としては嬉しいかも。 お母様方も日々コツコツの大切さを分かって下さっているみたい。 以前のように知らん顔という方が減ってきています。 だからこそ1週間休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レベルアップの難しさ

レベルアップ…必ずどこかでしなくてはならないものであり、これがなければいつまでも成長はありません。 ではそのレベルアップ先生がするのでしょうか?それとも生徒自身がするのでしょうか? 一般的には教える側が生徒に合わせて段階をあげていく事が普通です。 これまでこのくらい出来たから次はここまでさせてみよう…曲の仕上がりもそうですし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務(まとめ)

ピアノが上達する3つの義務として今まで書いてきました。 教える側・習う側・習わせる側…この三者がきちんと義務を果たしてこそ上達というものがあるのです。その度合いは生徒1人1人によって全く違います。早い生徒、のんびりな生徒。しかしどの生徒も確実に上達することは確かなのです。 おそらくこれをお読みなった方は、何故「習わせる側だけ多い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(3)

さて習わせる側の義務の続きです。今回はピアノの事です。 ※電子ピアノはピアノではない これはピアノを習う環境と密接な関係がありそして習わせる側の最大の義務でもあります。 それは子供の上達を願うのであればアップライトで良いですからピアノを用意するという事です。 この所の住宅事情には大変なものがあります。どうしてもア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(2)

さて習わせる側の義務の続きです。 ※ピアノを習うという環境 2つの例をお話します。 まず1つ目。 子供が少ないといわれつつも、私の教室には姉妹・姉妹が多い生徒さんが結構いらっしゃいます。 したがって下に弟・妹がいらっしゃる場合、その子供を連れてレッスンに来る方もかなりいらっしゃいます。別に来ることに対して反対を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(1)

さて3つ目の義務…それは習わせる側の義務 です。 意外と見過ごされていますが、ここに根本的な問題が潜んでいる事も多く見受けられるのです。 習わせる側…つまり親御さんの背負う義務は、習う本人以上に大きなウェートを占めています。何故ならば習う本人の義務を果たすための道しるべ、習慣づけを実際行うのは我々教師よりも毎日接する親御さんの方…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その2

今回は習う側の義務です。 ピアノに限らず楽器全般に言える事ですが、どうしても避けられないのが毎日の練習です。これ無しでは当然上達はありえません。 ただ週1回レッスンに来て弾いて注意を受けて帰っても、そのまま何もしないでいれば弾けるようにはなりません。 1週間…7日間のうちレッスンの1日ではなく残りの6日間がとても大事になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その1

ちょっと怖い題名。 でもとっても大切な事だと思います。 ピアノってただ習っていても上手くなりません。 習う側・習わせる側・教える側がそれぞれが背負っている義務が私はあると思っています。 それをそれぞれが忘れてしまい責任転嫁をする…先生につければよい、良い楽器を与えればよい、通っていれば良い、月謝を払えばよい、楽しく教えればよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

向上心と競争心…音楽に必要なのは?

上手くなりたい・色んな曲を弾けるようになりたい…多くの生徒さんは基本的にこういう考え方を持っていると思います。これが上手くなる原動力。これがあるから練習も頑張れる。いわゆる向上心てものですね。 私が習っていた頃もとにかく曲が進みたいとか、先生に誉められたいとか、このような理由だったです。これがなければまず続かなかったかと。「好き」だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more