教材よもやま話10 バーナムピアノテクニック

各オーケストラが観客を入れてのコンサートを始め、小さな会場でのコンサートも少しずつではありますが始まってきました。
しかしここに来てのまたもや感染者増。う~ん、どうなるのか。
本来であればこの時期は夏の音楽祭が多数行われている時期。私がお世話になった霧島国際音楽祭も今週の月曜から始まるはずでした。その他私が知っているだけでも3つが中止になり1つは延期。春に中止になった音楽祭も夏に延期予定がやはり出来ず。
秋以降のコンサートシーズン。どうなっているのか。。。

教材よもやま話も10回目となりました。続いた続いた(⌒∇⌒)
今回はテクニック関係で『バーナムピアノテクニック』。

バーナム:ピアノ・テクニック ミニブック [ エドナ・メイ・バーナム ] - 楽天ブックス
バーナム:ピアノ・テクニック ミニブック [ エドナ・メイ・バーナム ] - 楽天ブックス

バーナム:ピアノ・テクニック 導入書 [ エドナ・メイ・バーナム ] - 楽天ブックス
バーナム:ピアノ・テクニック 導入書 [ エドナ・メイ・バーナム ] - 楽天ブックス

テクニックの導入・・・最も難しい部分の1つであり、1つ間違えるとその生徒さんのピアノ人生が最悪になってしまう、そのくらい大切な要素と思っています。現に小さいからという理由でテクニックを教わらないでいた生徒さんが私の教室に移ってきてどれだけ苦労をされたか。弾けないの99%はこのテクニックに原因があると言っても過言ではないと感じています。ただ弾けるようにすればよい、というのではなく、教える側が理論的に理解をしそれを体現して教えなければならない、これがテクニックを教えることだと思います。

『バーナムピアノテクニック』はテクニックの導入を教えるにはとても使いやすい教材と思っています。1曲につき最初は4小節。音も少なく何よりもほぼ5度内で書かれていますので、小さな手でも無理なく問題なく弾くことが出来ます。また難しい言葉ではなく子供でも想像しやすいようなごく普通の、歩く・走るというような、運動項目で書かれる表題が付いていて、どういう目的で弾いたら良いかを考えさせ弾くようにもなっています。それにより子供も考えることを少しずつするようになり「教師側の教え込み・押し付け」ではなく、「自発的に」というとても大切なことの初歩を、とくに難しいことをせず自然に同時に学べます。
ただあまりにも簡単なので子供自身「簡単~弾けた~」という感じになりやすいため、私は6つの項目をあらかじめ「お約束」と称して教え、それをしっかり守って弾くことをバーナムすべてに共通の課題としています。

ミニブック・導入書を合わせると全6巻になっています。内容は1冊が1グループ12曲の全5グループで構成されていて。各グループは、基本以前弾いたテクニックを少しずつ難易度をあげ応用させていくという方向性で書かれています。もちろん新しいテクニックを学ばせるところもあります。ミニブックから始まり2巻が終わるころには和音、音階、アルペジオのピアノを弾く上での3つの大きな基本のテクニックを完全に学ぶことが出来るのが大きく、それが子供の小さい手でも可能というところが本当に考えられているなと感心しています。

バーナムには派生的練習曲として『全調の練習』というものがあります。24調すべての調性を使って練習曲が書かれていて、調号・調性の勉強にもなります。全てが違う調性というとル・クーペの『ピアノの練習ABC』があります。確かに音楽的にはル・クーペの方が素敵なのですが、1曲がそれほど長くなく、短い表題が付いているため表現的にも分かりやすくどういうテクニックを使ったらよいかがすぐに見つけられます。また調号が5個6個など多いものもあるので、調号が多いと苦手!となってしまう生徒さんには予備練習として弾かせてみるのも良いかもしれません。

『バーナムピアノテクニック』はあくまでもテクニックを学ぶ教本ですから、指をつよくするという意味合いはないと思っています。ただこの教本を使い始める年代(年少から年中)を考えますと、指の強さというよりはまず指の使い方を学ぶことの方が大切と考えます。3つ後の魂百までと言いますが、楽器を演奏するテクニックはこの言葉につきるのではないでしょうか。であれば「ただ楽しく弾かせればよい」ということでは済まされないということに気が付くと思います。

☆HP完全リニューアルしました!

山之内ピアノ教室

随時生徒募集中です(^^)
是非お立ち寄りくださいませ♪

☆お問い合わせ、入室ご相談は

yuko_yamanouchi@hotmail.co.jp

こちらでも承っております(^^)

☆読者登録はこちらから♪

Yukoのピアノ日記 - にほんブログ村

☆ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント