2月に入り

2月になりまだ1度もブログをアップしていないと焦った私です。

2月になりますと塾に入ったり塾の時間割の都合だったりしてお辞めになる生徒さんが結構います。
今年も1人まだ5年生なのですがやはり。4年から既に通っていたという事で『5年になると宿題がものすごく増えるらしいのと他のおけいこ事とは違い練習が入るピアノは難しい』という理由。まだ2月に入る前で様子も分からない時点での辞めるというお話に、小さいころからの習慣がついていないとこうなるのよね、しかも現実も分からないで結論を出すとは、と思いつつ去る者は追わずの精神にて快く送り出しました。

と面白いもので、新しい生徒さんが入室。しかも現在中2で来年高校受験を控えているとか。普通科を受ける彼女にとって4月からの1年は勝負の年なのに出来るだけ続けたいのとの事。

実は彼女、私のところに来る前に別のところで習っていました。それを辞めてこちらに来た理由が

『先生が音の間違え程度しか教えてくれずどんどん弾けなくなっている』

という事。
お話を伺っているうちに、前の先生がどうやら大手ピアノコンクール(私が蕁麻疹的に好きではないコンクール)の先生だったらしく、コンクールではなく趣味でと話した途端名曲集1冊だけを渡されて適当なレッスンをされたようです。
その組織、会員の先生全員がそうではないと思いますが、要は何人コンクールを通すかで優劣が決まるところがあるため、コンクールに興味がない生徒さんにはきちんとレッスンをしない方がいらっしゃるという噂があります。そういう考えを組織が許しているのであれば、私が蕁麻疹的に嫌っていても当たりかもと自分の勘に自信を持ちました。
そういう変なコンクールが多すぎますし、先生も受験かコンクールかしか頭にない方も多いという、まことにおかしくなってます・・・日本のピアノ教育界。

弾いてもらったそれほどひどくはないのですが、音楽の基礎的知識やテクニックがやはり足りません。
受験を控えて練習時間も少なく、通うに当たっても制約があるため、本人が希望しているテクニックのやり直しと基本的な知識の勉強でレッスンを1年間進める事になりました。
曲を封印する形になるのでかなり退屈かなとも思ったのですが、本人はそうでなければ色々な曲が弾けるようにならないと強い意志を持っていまして。

ま、エチュードだけではなくバッハもしますので、今の彼女にはそれだけで退屈をする暇もないかもです。

とても明るくピアノが好きなHさん。
きちんと弾けるように二人三脚でがんばろう(^^)v

☆HPリニューアルしました

http://www.yamanouchipiano.com/

随時生徒募集中です(^^)
是非お立ち寄りくださいませ♪


☆ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント