音読み悪戦苦闘

楽器を弾くのに必要なことが音を読む事。
大人にとってはそれほど難しくない事ですが、これが子供にとってみるとかなり大変。
1つ1つ考えて読むのであればそれなりにできますが、それではいつまでたってもすらすら弾く事ができるようにはなりません。ひらがなを読むように反射的に読めるようになっていかないと。。。

私たちの小さいころは楽譜からいきなり入り、リズムと音を同時読みました。これは結構大変だったみたいで、この時点できちんと覚えていなかったため、途中でリタイアしたという方も多くなかったかと。

読ませるうえでとてもよく考えられ作られている導入書も多いのですが、子供って大人の考えもしないところでいろいろな近道を見つけてしまうもので、うまくいかない例もかなりです。特に指番号で鍵盤に置いて弾いてしまい、それが読めたと勘違いをしてしまう例もありました。

その経験からでしょうか、最近では楽譜から入るのではなくソルフェージュ的な教育から入る場合がかなり多くなっています。
その際使うのが音符カード。1枚1枚にト音記号とヘ音記号と五線が書いてあって、そこに手書きで音を書き込めるようになっています。これを使って少しずつ増やしていき最終的には加線のものまで分かるようにします。
ある程度の音が分かるようになると並行して楽譜を使うわけですが、これが意外とスムーズにいかない場合が多いです。

子供の観点というのは大人のそれとはかなり違っていまして、音符カードで慣れすぎますと音部記号のすぐ横に音がないと読めなくなってしまいます。
なので楽譜の音をアトランダムで読ませようと思うのですが、カードですらすらできていたはずの音が楽譜に入った途端分からないとなり、読むのを嫌がる子供が結構多い現実。
親御さんはと言いますと、なんでカードでできて楽譜でできないとだんだんイライラ。確かに大人の考えでは読めなくてはいけないという当たり前の観点。それが悪循環になりけんかになり。。。

教える側はその副作用を常に頭に入れてカードを与え、少ない音数の時からランダムに読ませて、カードと楽譜の音の位置が同じであれば同じ名前だと教え込むしかありません。
それはレッスンの時だけではなく、各家庭において毎日根気よく向かい合って練習をしなくてはなりません。
そこの手を抜くと本当に大変な思いを生徒にさせてしまうわけです。

現在年少と年中の女の子がカードから楽譜への意向で悪戦苦闘中。
子供なりにカードは簡単なのになんで楽譜は…と思っているようで、家でもいやだとなかなか前向きにならないとか。
幸いなことに、だからと言って諦めるような事はせず、根気よく付き合って下さるお母さま方なので、少しずつですが分かって来てくれているようです。

楽器を弾く事によるメリットは、このように根気強くコツコツと物事に向かう姿勢を学ぶ事なんですね。
親も子供も、そして先生もあきらめる事なく、コツコツと時間がかかっても1つ1つ…これをしっかり実践してこそ教育の成果は上がるのだと思います。


コンサートのお知らせ

室内楽の愉しみⅣ~華麗に気高く…そしてしなやかに Viva Violin!~

4月20日(土) 汐留ホール

フランク:ヴァイオリン・ソナタ ヴィターリ:シャコンヌ他。

詳しくはYukoの演奏会&発表会のお知らせをご覧下さい。































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント