最近の子供は…

先日突き指をしたAちゃんの事を書きました。
やっと今月から普通にレッスンを始められてホッとしたのも束の間今度はK君が…。

今回も原因はドッヂボール。
しかもお母様からの最初の電話では、突き指したにも関わらずレッスンに行かせたとの事。
慌ててK君がこちらに来たらすぐに帰すので、そのまま医者に連れて行くように話しました。
なんとも泣いて帰宅したK君を叱り付けてこさせたとの事で…レッスンに来たK君の指をとりあえず見せてもらうとやはり尋常じゃない腫れ方。私もかなり焦ってにすぐに家に戻るようにとK君に言ったら、その勢いに目を真ん丸くして慌てて帰っていきました。
その後診察を受けた結果がお母様からあり…見えないところでの亀裂骨折の可能性ありとの事。
なんともすごい状態になってまして。
あのまま放置していたら指が伸びない可能性もあったわけで。考えてみればかなりの冷や汗ものです。
そのままいつもの接骨院を紹介して治療開始となりました。

しかしこの所続いてますね~ドッヂボールによる突き指。私の生徒で3人。しかもそのうち2人は2回やってます。
私の立場上絶対にするなと言う事も出来ます。でもそれはしたくないんですよね。やはり運動は大事だし、そういう遊びから色々な事を学ぶし。対人関係も学ぶし。
でも怪我との隣りあわせというのも事実なんで…怪我をした時のケアが問題なんですね。
すぐに医者に行った場合は軽くて済んでいますが、そうでなく放置した場合はやはり1ヵ月半は弾けませんでした。
というより、なんでこんなにすぐに突き指をするのかが不思議です。
私も結構ボール遊びは好きでしたから、ドッヂボールはしょっちゅうしていました。でも1度もそんなことにはならなかった。結局ボールを受ける時の指の体制が悪すぎるのだと…これは接骨院の先生との話。指を立ててボールを迎えにいって受けているみたいですから。
そういう事をしっかり指導できる先生も少ないという現状も、この怪我の多さに繋がっている。
また小さい頃外遊びの経験が少ない(太陽に当たっていない)のと、食事の片寄り(特にスナック菓子やファーストフード)による栄養の片寄りにより、骨自体が強くなっていないのも原因に挙げられるとか。
なんとも情けない時代だなと感じずにいられないです。

子供は元気に外遊び。そして練習をする時にはきちんと集中して時間を決めて…これが大切なんですね。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sencho
2008年07月25日 04:26
むかしの空想漫画に出て居た火星人・SF映画のET、いずれも地球人の進化した形ではないかと
温暖化で地球環境は劇的に変化し、元に戻すことは出来ない限界点がもう数年先に見えて居るとか
子供達の体質もそれに合わせて居るのでしょうか?
Yuko
2008年07月26日 01:57
senchoさん

なんとも分りませんが、とにかく1ついえることはお日様の下で遊ぶ機会が少ないという事ですね。私達が子供の頃はお日様の下で真っ黒になって遊びました。でも今はお日様の下でゲームでしょ。暴れないから筋肉も出来ないし、骨も強くなって来ない。これが最近の子供の傾向だそうです。
大人のお金儲けのために子供の体質まで変わってしまうなんて本当に嫌な話です。

この記事へのトラックバック