テーマ:ご父兄へのアドバイス

電話

既にかなり前から生徒さんたちは携帯を持ってレッスンに来るようになりました。 遠くから来ている生徒さんもいますし、共働き家庭の場合は緊急連絡用に。 所持することに規制を設けているわけではないので持つこと自体は問題ないのですが。 中学生のHちゃん。 夕方5時30分からのレッスンで終わるのが7時前。お母様はお仕事で彼女が学校から帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習は裏切らない

昨日レッスンに来た小2のKちゃん。今年の2月から他の教室から移ってきました。 頭がとても良くて理解も早く練習もきちんとしてきます。 まだ小2ですししかも電子ピアノなので今一つやる気モードには遠いらしいのですが、それでもピアノは好きなようでここまでという宿題よりも先を弾いてくる感じ。移られる前の教室ではやはり基礎的なことをあまり習わず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気欠席

昨日朝レッスン予定の生徒さんのお母様からメールがありました。土曜日から嘔吐下痢の風邪を引いて微熱があるためレッスンの振替をお願いできるか、という内容のもの。その後お昼すぎに再度メールがあり、風邪をぶり返し熱が高くなったのでお休み致します、とありました。 病欠に限らず生徒さん側のご都合による振替変更はほとんど受けていません。特に病欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きちんと読もう

あっという間に4月も2週間を切り、となれば平成もあと少し。 コンサートの準備や練習でドタバタしていても月日というのはきちんと経っていくもののようです。 一昨日私のHPから無料体験レッスンをお願いしたいと問い合わせがありました。しかも希望日時が昨日・今日。それもまたあまりにも急で正直常識的はないのですが、、、 よく分からないのが無料体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい生徒さんが入室するにあたり必ずお話をさせていただきます。 未就学のお子様でしたらまずお母様中心に話をし、その後少しだけ質問をしたり歌を歌っていただいたり。 小学生以降ですとまずご本人様と話をし、補足的にお母様と話をします。 いずれの場合もお母様には、どういう風に習いたいのか、将来はどうするのか、上手になるにはどういうことが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち着き

落ち着きのない生徒さんが最近増えています。 私が子供の頃は先生の話を聞かなかったり、先生の前で行儀が悪いという事はまずなかったですし、椅子に10分も座っていられないという事もなかったです。 しかし最近は話を聞かずピアノで遊んでみたり、じっとして座っていられず体の向きを変えたり揺らしたり。 それを見ているお母様もご自宅でもそうだと言いなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学ぶ姿勢

学ぶ姿勢・・・生徒さん側の話と思われますが実はこれ親御さんの方です。 私は初めて入室される方には必ず『お子様だけではなくお母様もご一緒にピアノを習う思ってください』と言います。 これは子供って親のことを本当によく見ているからです。 以前にも書きましたが、親が真剣にピアノを習わせよう、ピアノと向き合おうと思っていたら、その方のお子さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会終了

今年の発表会が無事終了。 それぞれ失敗したと思ったり上手くいったりと思ったり。 ギリギリまで出来あがらずどうなるかと思ったり。 そんな中大きい生徒さんの1人Rさん。 終わった後の感想が 『今年は今までの中で1番緊張せず弾けて自分でも上手くいったと思う』 という事。 なので 『今までと練習の時の力の入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aちゃん、おめでとう(^^)

先月お休みしていたAちゃん。 見事名門私立の小学校に合格しました。 本当に子供らしい生徒さんで、最初の頃はじっと長時間座っているのが苦手だったり話を聞くのが苦手だったり。 しかしピアノを始めてからは集中力もどんどんついて、じっと1つの事を粘り強く出来るようになりました。 私の教室では音高・音大は勿論なのですが、名門小学校やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何を急ぐか

昨夜のこと。 ある小1の生徒さんのご父兄からメールが。 内容は、 生徒さん自身が1ヶ月位前から蕁麻疹が出るようになり、専門医の診察を受け現在薬を飲んでいる。そのせいか練習がままならず発表会に出るのを迷っている。本人は出たい、出ると言っているのだが というもの。 先週のレッスンはとても良い出来で何の問題もなかっただけに驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばった!

夏休みにちょっと遊んでしまったため全部分からなくなってしまった生徒さん。 今週のレッスンでは全部しっかりと出来るようになっていました。 がんばった! 元々しっかりしているのでちょっと考えれば出来る。ただ今まできちんと勉強として習っていなかったので、休みの時こそきちんと復習をしておかないと、という事が分からなかったみたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ~あ。。。

長期夏休みで久し振りのレッスンの生徒さん。 田舎に帰省されるとピアノのない環境が多いため、その中でいかに過ごすかなのですが。 私のところに来て初めて長期夏休みの生徒さん。帰省前に、ピアノが弾けないけれどこれは出来るはずだから必ず毎日やってね、と本人とお母様に伝えました。 さて休み明けのレッスン。あまり弾いていなくて本人気分的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと変わったかな

GWが終わり今週からまた通常レッスン。 生徒たちはというと珍しく遊び過ぎての練習不足が全くなく。 それぞれにきちんと課題をこなしていました。 今までにはない傾向。 先生としては嬉しいかも。 お母様方も日々コツコツの大切さを分かって下さっているみたい。 以前のように知らん顔という方が減ってきています。 だからこそ1週間休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ教室なのですが。。。

この時期新入の生徒さんが結構多いです。 入室の際必ず事前にお母様とご本人とお話をさせていただきます。 そこで先方のレッスンの進め方の希望等細かく聞き、こちら側の指導方針をご説明。 納得が行ったところで入室→翌週、あるいは翌月からレッスン開始となります。 その間生徒となられる予定のお子さんの行動を見て、さてどう対処するかなと考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の都合

私のところに来て2年経った生徒さんとその妹。 来月から新年度という事でその話を切り出したらいきなりお母さまから 『私が仕事をすることになったので4月まででやめます』 と。聞くと急にフルタイムの仕事が決まったとか。 それほど大変なお家とは思えず、何よりも子供たちが嫌がっているわけでもない。しかも妹の方は始めて1年。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音読み悪戦苦闘

楽器を弾くのに必要なことが音を読む事。 大人にとってはそれほど難しくない事ですが、これが子供にとってみるとかなり大変。 1つ1つ考えて読むのであればそれなりにできますが、それではいつまでたってもすらすら弾く事ができるようにはなりません。ひらがなを読むように反射的に読めるようになっていかないと。。。 私たちの小さいころは楽譜から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノを続ける環境

夏休みを越して数人の生徒さんが辞めていきました。 その理由が…勉強との両立が不可能。 なんとも悲しいお話ではあります。しかし私は最初からピアノと勉強の両立は可能だと言っていたんですが。。。 ではなぜ続かなかったのか…。昨年度からこの夏休みにかけて辞めていった生徒達には共通の部分があります。それは物事のOn・Offができない、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の子供は…その②

以前最近の子供について書いたばかりですが、つい先日もなんで~と思うことが。。。 最近の子供は…とにかくよく泣きます。 こう書くとものすごく怒り散らして泣かせてると思われるかもしれないのですが、そうではないのです。 例えば上手く弾けていない場合、弾き終わって何か一言を言おうと思った瞬間グシュグシュ始まる。 またはどういう練習を…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

最近の子供は…

先日突き指をしたAちゃんの事を書きました。 やっと今月から普通にレッスンを始められてホッとしたのも束の間今度はK君が…。 今回も原因はドッヂボール。 しかもお母様からの最初の電話では、突き指したにも関わらずレッスンに行かせたとの事。 慌ててK君がこちらに来たらすぐに帰すので、そのまま医者に連れて行くように話しました。 なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務(まとめ)

ピアノが上達する3つの義務として今まで書いてきました。 教える側・習う側・習わせる側…この三者がきちんと義務を果たしてこそ上達というものがあるのです。その度合いは生徒1人1人によって全く違います。早い生徒、のんびりな生徒。しかしどの生徒も確実に上達することは確かなのです。 おそらくこれをお読みなった方は、何故「習わせる側だけ多い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(3)

さて習わせる側の義務の続きです。今回はピアノの事です。 ※電子ピアノはピアノではない これはピアノを習う環境と密接な関係がありそして習わせる側の最大の義務でもあります。 それは子供の上達を願うのであればアップライトで良いですからピアノを用意するという事です。 この所の住宅事情には大変なものがあります。どうしてもア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(2)

さて習わせる側の義務の続きです。 ※ピアノを習うという環境 2つの例をお話します。 まず1つ目。 子供が少ないといわれつつも、私の教室には姉妹・姉妹が多い生徒さんが結構いらっしゃいます。 したがって下に弟・妹がいらっしゃる場合、その子供を連れてレッスンに来る方もかなりいらっしゃいます。別に来ることに対して反対を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その3(1)

さて3つ目の義務…それは習わせる側の義務 です。 意外と見過ごされていますが、ここに根本的な問題が潜んでいる事も多く見受けられるのです。 習わせる側…つまり親御さんの背負う義務は、習う本人以上に大きなウェートを占めています。何故ならば習う本人の義務を果たすための道しるべ、習慣づけを実際行うのは我々教師よりも毎日接する親御さんの方…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その2

今回は習う側の義務です。 ピアノに限らず楽器全般に言える事ですが、どうしても避けられないのが毎日の練習です。これ無しでは当然上達はありえません。 ただ週1回レッスンに来て弾いて注意を受けて帰っても、そのまま何もしないでいれば弾けるようにはなりません。 1週間…7日間のうちレッスンの1日ではなく残りの6日間がとても大事になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノが上達するための3つの義務…その1

ちょっと怖い題名。 でもとっても大切な事だと思います。 ピアノってただ習っていても上手くなりません。 習う側・習わせる側・教える側がそれぞれが背負っている義務が私はあると思っています。 それをそれぞれが忘れてしまい責任転嫁をする…先生につければよい、良い楽器を与えればよい、通っていれば良い、月謝を払えばよい、楽しく教えればよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more