テーマ:音楽

嬉しい本番(^^) しかし。。。

先日朝から電話。 もう数十年のお付き合いになる歌手の方から急で申し訳ないけれどというお仕事のお話。 曲は2曲10分弱。ただ今月末という事で期間が短いけれども伴奏をお願いできませんかと。 嬉しい~~限りでございまする。 いつもその歌声を聞いてはすご~~いと感激しておりました。 以前は奥様共々第九にて聞かせていただきすご~~~いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手強い!

今日は10月にアマチュアのコミュニティーにて演奏するドビュッシーの初合わせ。曲は牧神の午後の前奏曲。名曲でございます。編成はFl・Cl・Pfというもの。 とにかく一度合わせてみないとという事で。編曲がどうも変というところもあり、アレンジを変更してそれが大丈夫かという確認もあり。 いざ演奏をしてみて~参った!大変! とにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジトジトのシーズンです。 幸い今のところそれほどの降りはないですが。。。 雨といえは憂鬱な天気の代表ですが、実は雨と名のつく名曲があります。 ショパン 雨だれ ドビュッシー 雨の庭 ブラームス 雨の歌 雨の音を連想して、雨が降った故を連想して書かれたもの、雨の風情を心情に重ねて書いたもの。 ショパンとドビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試す壊す試す壊す…。

試す壊す試す壊す。。。 今日某国営放送で俳優の渡辺謙さんの事を放映していて、その中で謙さんが仰っていた言葉。 一つの役を作るに当たり 試す壊す試す壊す を繰り返す。 同じじゃん。 私たちも同じ。 色々な事を試してはダメと壊し、また試しては壊す。 音を作る時も曲の構造を考える時も。 試す壊す試す壊す …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィヴァルディ

先週の土曜日イタリア文化会館にて行われたヴィヴァルディ中心のコンサートに行ってきました。 ヴィヴァルディというと四季やヴァイオリン協奏曲くらいしかなじみがないのですが、今回はその四季の他にヴァイオリン協奏曲(かの有名なものではなく『恋人』という題名のもの)やフルート協奏曲が演奏されました。またその周辺やイタリアものという事でロッシーニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初リハ

昨日は4月のコンサートの初リハ。 まだ1度も弾いていないベートーヴェンの街の歌から始めてメンデルスゾーンを復習というプラン。 時間的には3時間~4時間かなと。 ところが・・・さすが百戦錬磨(と書くときっと怒られるけど)のお2人。街の歌はあっさり終了。 1楽章は確かに色々と細かい部分での事がありましたが、2・3楽章はほとんど手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュ演奏会終了

昨日参加しているアマチュアの方々によるアンサンブルコミュの演奏会が無事終了しました。 今回久しぶりに2団体でのエントリー。 サン=サーンスとショッカーという真逆の作曲家で結構弾くのも大変でしたが、練習・本番を通して大変楽しかったです。 何よりも組ませていただいた方々が皆さん音楽がとても好きで、しかも真面目に取り組んでいらっしゃる事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能指欲しい~~~(>_<)

この4月にあるコンサートの事務的用事での連絡がやっと終わって大体のスケジュールが見えてきたこの頃。 良かったのは3月頭に合わせがなくなった事。 2月末の本番で3月頭合わせだと辛いな~~と思っていたのでホッと一息。 と言っても譜読みはしておかなければならないのでポツポツと始めました…Beethoven。 曲自体は既に3回ほど舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合わせ

昨日は来月にあるアマチュアの方々とのプチ本番の初合わせ。 曲目はサン=サーンスのタランテラ。 編成はフルート・クラリネット・ピアノ。 なかなかに面白い曲でした。ただ面白みを感じるには私まだまだ練習不足。 1つだけ言い訳をさせていただくとすれば~ピアノは元がオーケストラだということが判明。譜読みの段階からサン=サーンスほどの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も無事新年を迎える事が出来ました。 今年は羊年。 羊のようにのんびり穏やかな1年になればいいなと。 ただ今年は昨年までと違って2月に2つ演奏有。 しかも4月にコンサートとなんともハードな状態に。 なのでお正月関係なしに自分の練習はしなくてはならないです。 おそらく人生初かも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD来ました!藤原浜雄氏の英雄の生涯

今年2月に行われました藤原浜先生のソロによる英雄の生涯。 その演奏のライブCDが発売になり手元に届きました! あらためて聞いてみてその演奏の素晴らしさに感動。特に弦の響きが厚く響く。その中から出てくる先生のソロ・ヴァイオリン。たまりません。 CDの解説書に先生のお言葉が。ソロヴァイオリンで奏でられるいくつかのテーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島国際音楽祭

7月24日から31日まで霧島国際音楽祭を聞きに行ってきました。 元々ここで育てられたと言ってよい私。 故郷に帰ってきたという感覚があります。 特に講師の皆様や各楽器の伴奏をされているピアニストの皆様、アーティストの皆様が覚えていてくださっているというのがとても嬉しい。 なんせ単なる受講生だったわけですから(^^ゞ 3年前と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先月は藤原浜雄先生のコンサート2つを聞きに行きました。 1つはソロコンサート。もう1つはシベリウスのコンチェルト。 性格的に『良い・好き』となったらとことん聞いたり見たりする方で、その期間も長い。そしてそれぞれに自分なりの理由があります。 ただ音楽家に関してはある時パタッと聞かなくなる事が多いのです。 私が最初に先生の演奏をしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初合わせ

ワールドカップ、日本グループリーグ敗退となりました。残念。でもこれを糧にまた4年後ですね。 昨日バッハのフルートソナタの初合わせでした。 実際フルートソナタは聞くも初めて弾くも初めて。 ピアノやヴァイオリン、チェロはよく聞きますし弾きます。しかし管楽器となると本当に未知の世界。 特にピアノやヴァイオリンですとはっきりと曲のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原浜雄&三上桂子プロデュース 『魅惑のデュオⅩⅠ』

代官山クラシックコンサートシリーズVol.20 藤原浜雄&三上桂子プロデュース 『魅惑のデュオⅪ』 昨日行ってまいりました。 プログラムは タルティーニ コレルリの主題による変奏曲 R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ ドヴォルジャーク ソナチネ エルンスト ロンド・パパゲーノ サラサーテ カルメン幻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回大阪国際室内楽コンクール優勝団体披露コンサート

先週の木曜日、サントリーホールで行われ『第8回大阪国際室内楽コンクール優勝団体披露コンサート』に行ってきました。 その2日前に実際に審査員をなさった先生からご連絡があり、とてもレベルが高くよい演奏なので時間があったら行っていたら良いよと言われまして。行ってみてとても良かったです。 演奏は2団体。ピアノ三重奏・四重奏部門からスイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶり(^^)

先日以前ソルフェージュを教えていて今はドイツに留学をしている生徒(チェロ)から電話が来ました。今あちらは休みに入っているとの事で一時帰国。ただ私のコンサートの時にはドイツに帰るそうなので残念ながらこれないと。とても残念がっていました。 それもそのはずで…今回共演するチェリストは彼女の大学時代の先生、ヴァイオリニストは室内楽の先生、でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原浜雄氏の英雄の生涯

昨日の雪はすさまじかった~その雪がまだ残っている朝11時からのコンサートを聞きに東京芸術劇場へ行ってきました。 テレ朝開局55周年企画『なんでもクラシック』の1公演として『2つの英雄物語』というもの。 どのようなコンサートかと申しますと、元読売日本交響楽団ソロコンサートマスターの藤原浜雄氏にかの大震災で中止になった英雄の生涯を弾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾き初め

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、例年元旦に弾き初めをすることはまずありません。 絶対に弾かないでのべ~~~と過ごす!というのが私のモットー。受験であれ試験であれこれだけは崩したことがありません(ここで威張る事もないけど)。 しかし今年は弾きました。しかもかなりたっぷりと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽譜の声

学生時代はとにかく何でも弾きました。 自分で選ぶという事がある時期まであまりなかったので。 それでも自分で選べるようになってから色々弾いてみました。 自分でいいなと思って選んですんなりイメージしたように弾けるようになる曲もあれば、なかなか弾けるようにならない曲も。 その頃はなんでか分かりませんでした。 最近感じている事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのチャイコン

先日本当に久しぶりコンチェルトを聞きに行ってきました。 コンチェルトを聞くのは何年振り???というくらい久しぶりです。 ただ今回はプロオケではなく某音大の有志のオーケストラ。文化祭での公演。ただし演奏されたのがいつもお世話になっておりますヴァイオリニストの先生。 その先生のコンチェルトは某在京オーケストラとのハチャトリアンを聞いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから…話を聞こうね

人の話が全く聞けないTちゃん。 そのせいで毎回どんどんレッスンが延びます。後ろに生徒さんがいないので特に。 なんせ私の話を聞かないですから同じことを何度も何度も言わないと通じない。 そんなTちゃんについに堪忍袋の緒が切れました。 本人に最後通告 『今まで後ろに生徒さんがいないのでレッスンを延ばしていたけれど一切やめます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の賛歌

フィギュアスケートグランプリシリーズ2戦目、スケートカナダ。 今回この大会に鈴木明子選手が出場しました。 真央ちゃん同様大好きなスケーターである鈴木選手。その鈴木選手が今回SP(ショートプログラム)に選んだ曲が愛の賛歌。誰もが知っている名曲です。 実はそれがとても楽しみだったのです。なぜか…それはその演奏をヴァイオリニストの古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

フィギュアスケートのシーズンがやってきました。 今シーズンはソチオリンピックが控えているので楽しみ楽しみ。 その中でも浅田真央選手のファンであります私。特に今年はフリーにラフマニノフのピアノコンチェルトNo.2を使うという事で特にワクワクです。 そのラフマニノフ。実はとても思い出のある曲でして。 桐朋に入って間もなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートとの合わせPartⅢ

昨日は今週末演奏するフルート奏者さんとの最後の合わせ。 台風にて1日ずれましたが。。。 アマチュア奏者の方の場合どこまで言って良いのか迷うところがあります。 演奏することがとにかくメインの方。 音楽的というよりも技術的な面をクローズアップされたい方。 逆に技術的というよりも音楽的に演奏されたい方。 色々な方がいらっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートとの合わせPartⅡ

昨日はアマチュアフルーティストの方との3回目の合わせ。 3回目となるとその前の事を含めて色々とやりたい事が出てきたりして新しく発展もあります。 また、私の方もここまで出来たのであればこういう事も出来るのではないかと、更に新しい提案をしてみたりと、内容的にはほぼプロとの合わせと変わらない感じでした。 今回のフルーティストの方は本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プログラムが出来た!

8月末ともなると来月に迫った発表会の雑事が迫ってきます。 雑事と言ってもプログラム作りやお手伝いをお願いする方の手配等々。 なので1番大変なのがプログラムの作成となってきますです。 大体会の2週間前には下刷りを完成させてお母様方に名前のチェックを入れてもらいます。 そして本刷りとなるわけですが、その下刷りを完成させるのが毎回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準特選盤に選ばれました(^^)v

先日『CD が来ました…藤原浜雄/ヴァイオリン・リサイタル2012』にてご紹介いたしました藤原浜雄先生の最新CDが「レコード芸術」8月号月評準特選盤に選ばれました(オントモ・ヴィレッジ)! 先生にとっては2回目の準特選盤です。 やった! 今年は9月に表参道カワイにてシューベルトのピアノ3重奏第2番。11月には代官山にて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い

夏です。 毎日暑いです。 暑い中それでも弾かねばならぬのがお仕事ではありますが。 ご存知のようにピアノは湿気を嫌います。 理想が50~55%と調律師の方から聞いています。 しかし今年の夏はむしむしジメジメ。 この湿気を落とすとなるととんでもなく設定を低くしないと無理。 その設定の中にいると確実に風邪を引く。 なのでこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像する心を持とう

私たちクラシックの世界ではほとんどが故人の楽曲を演奏しています。 なのでどうしてこうなるのか、いつどう思って書いたのかなど実際に質問することは出来ません。近現代の曲であればかろうじて実演の録音が残っている場合もあります。しかしロマン派以前となればそれは不可能です。 ではどうやって弾いたらよいのか。どうやってその曲にあう音色、作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more