テーマ:日記

教材よもやま話7 トンプソン(1) はじめてのピアノ教本 第1巻&第2巻

梅雨の末期のような雨。 新型コロナはまだまだ収まる気配はなく。 それでも在京オーケストラは観客を入れた演奏会を始め、個人のコンサートも少しずつではありますが開催の様子。 少しずつではありますが前進です。 今回はトンプソン。『はじめてのピアノ教本 第1巻&第2巻』です。 私の子供のころはバイエルが主流でした。最初の音が第3間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が好き

小2のRちゃん。 現在カバレフスキー作曲『ゆううつな雨』を弾いています。 左手の和音をポツンポツンと弾く感じがまさに鬱々なのですが、小2の子供に鬱々と言っても分かりません。 なので 『雨って外で遊べなくて濡れて嫌よね~。雨好きではないでしょ?』 と聞きました。その好きでないやだな~という感じで弾こうね、と提案する予定で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話6 カバレフスキー(3) 6つのプレリュードとフーガOp.61

クラシック界も少しずつですが前へと進み始めました。 オーケストラのコンサートが観客数制限でライブが始まり、小さい演奏会も少しずつ。 無理は禁物ですが何もしないよりはと思います。 カバレフスキー。3回目はバッハインヴェンションを始める前にどうかなと使い始めた『6つのプレリュードとフーガOp.61』です。簡単な2声フーガから始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決まりました!

今年中止となりましたコンサート『室内楽の愉しみ~ベートーヴェンに寄せて』。 来年6月20日に決まりました。 人気のある会場なのでどうなるかと心配していたのですが、無事抑えることが出来てホッとしています。 ただ心配なのがコロナ。来年の春には落ち着いて収まってくれればよいのですが。 また同じようなことが起こらないよう祈るばかりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話5 カバレフスキー(2) 子供のためのピアノ小曲集Op.27

今年の梅雨は雨が大量に降ったりいきなり真夏日になったりと不安定。 庭の花たちも時期がずれて困っているのが見えてます。 梅雨は鬱陶しいけれどここで雨が降らないと、今度は夏に水不足が起こるので。 ほどほどにお願いしたいところです。 今回はカバレフスキー。 第1回の際少し触れました『子供のためのピアノ小曲集0p.27』です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譜読み・・・その後

譜読みが好きではないTちゃん。 先週新しい曲を宿題に出す際、弾かずに左右の楽譜のリズム読みと音読みを宿題にしました。 さて、今週その結果は・・・パーフェクト。 1つも間違いはなく正確に読んでいました。 なのでその場で弾いてみることに。 最初は、えー!、と言って腰が引けていましたが、弾いてみるとどんどん弾ける。しっかり読んでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話4 バッハ(3) アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集

梅雨入りしました。 梅雨になると一番困るのが湿気。ピアノが湿気て音が出なくなるわハンマーが重くなるわ。除湿器フル稼働の季節です。 教材よもやま話・・・バッハが続きます。 今回は『アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集』です。バッハが彼の奥様であるアンナのために書いたとされていますが、市田先生の書物によりますと、実際はバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譜読み。。。

頑張り屋のTちゃん。 ピアノが好き、というのはとても分かるのですが、実は新しい曲が苦手。なぜなら譜読みが好きではない。 小1で私のところに習いに来始めました。それまでの先生は優しい教え方だったそうですが、肝心なことは一切教えていなかったようです。来た当時はト音記号も怪しくヘ音記号はほとんど読めない。リズムもい自分ではそれほど考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話3 バッハ(2) 小プレリュードとフゲッタ

先日将棋の藤井聰太七段が棋聖戦の挑戦者となり最年少記録(17歳10ヶ月20日)を更新したと話題になりました。 挑戦する渡辺明棋聖が確か36歳。棋聖戦への挑戦をかけて戦った永瀬拓矢2冠は27歳。 若くて頂点に達するのはクラシック界だけではなさそうです。 今回の教材よもやま話はバッハ(2)。 前回インヴェンションとシンフォニアに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校始まった

都内は緊急事態宣言が解除され今週の月曜日から小中高の登校が始まりました。 新1年生の生徒さん2人も元気に登校したみたい。 入学式も短縮でクラスメートともなんとなく顔を見た程度だったせいか、5月の時点ではかなり不安そうな2人でしたが、実際始まってみるとかなり楽しかったみたいです。お母様方も少しほっとされた表情でした。 その一方で・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話2 バッハ(1) インヴェンションとシンフォニア

来週から学校が始まります。 しかし時間短縮でしかも1人で登校ということ。新1年生は大変。 教材の第2回はバッハの『インヴェンションとシンフォニア』。 教育のために多くの曲を書いたバッハ。その教育は自分の子供たちのためということで、どれだけ才能にあふれていたのかと思います。 その中でも子供のころに必ず弾かなくてはならないのが2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本を読む

StayHomeで外出機会が減ったので暇、ということはないのですが、少し時間が出来たので本を読み始めました。 と言っても新しいものではなく、持っていたものを読み返すという感じです。 学校が休みの間生徒さんたちはどうしているのかというと、一番はやはりゲーム。時間を使う方法が見つからないようで。私たちの子供のころは外遊びが出来ない時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからは良い方向へ

昨日緊急事態宣言が解除され今日から色々なことが解禁となります。 まずは大学を含む学校関係が条件付きで登校可となり、美術館・博物館が開館。 イベントも50名程度から可能となります。今後段階を経て100人、1000人となることからコンサート関係も解禁になるのかな。 と言ってウィルスがなくなるわけではなく、特効薬やワクチンの開発が進みか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話1 カバレフスキー(1) 35のやさしい小曲集 こどもの冒険

発表会が中止となってみんなどうかな~と思っていたけれど、そこまでのがっかり感はあまりないようです。 それどころか新しい宿題をしっかり弾いてくる。学校がお休みだからかな? 教材についての問い合わせよくいただきます。皆さん色々と探されていらっしゃるご様子です。もちろん私も楽器店に行く際は必ず楽譜コーナーに行き、色々と見て回ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みどりさま

StayHomeで暇かと思いましたらなんのなんの。 レッスンはほぼ通常。家の事も普通にあり、どこが暇なのかさっぱり。というか普段の仕事量が少ないから? と、そんな中友人が五嶋みどりさんの若いころの演奏の動画を教えてくれました。 1995年アバド指揮ベルリン・フィル、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲。 https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会延期

今月予定の発表会、延期となりました。 出来るだけと思っていましたが、現在の状況下連弾が出来ない! 先週そのことを生徒さんと話をしていて気が付き。 仕切りを作る、や、フェイスマスクをする、など提案がありました。しかしどれも難しい、というより無理! マスク状態で写真? これもさすがにな~。記念にはなるけれどね~云々。 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中止となりましたが

新型コロナウィルス、相変わらず猛威をふるっているようです。 私の教室は幸いなことにグランドピアノ2台分で生徒さんと私との距離が2m近く出来るため、ソーシャルディスタンスの距離は確保。生徒間のレッスン時間を空けて間に換気、鍵盤の消毒、生徒さん達にはウェットティッシュ持参、もちろんマスク、という具合で歩ける距離の生徒さんに限り自宅でレッス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートが中止となりました

先日お知らせしましたコンサート『室内楽の愉しみⅧ』は現在の状況を鑑み、また仮に事態が好転に向かったとしましてもお客様の安全性の確保が完全に出来るかという問題もあり、大変残念ながら一旦中止および来年6月への延期となりました。 楽しみにしてくださってました方々には本当に申し訳けございません。 安心して本番を演奏し皆様にも楽しんでいただく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年前半は色々と。。。

今年前半の音楽界は灰色どころか真っ黒になってしまいました。 今回の騒動で3月以降4月、5月のコンサート関係はほぼ壊滅。 3月の宮崎でのミュージックアカデミーinみやざき、3月下旬からの東京・春・音楽祭、5月開催のラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020、宮崎国際音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭がすべて中止または延期。 コンクールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎なのよね

今月頭から新しく入室してきたRちゃん。中学2年生。 元々ピアノ大好きだったのだけれど、音大に行きたい!という希望を強く持つようになり今までの大手から。 前の大手の先生はと、私はお遊び的なことは教えません、毎年コンクールを必ず受けていただきます、と言われて受けていたそうです。 弾いていただき聴いてみるととても好きなことは分かりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートのお知らせ

コンサートのお知らせです。 今年はベートーヴェンの生誕250年にあたり、私自身一番弾くことの好きなベートーヴェンを、野口千代光さん菊地知也さんという素晴らしいお2人とともに演奏いたします。 現在新型コロナの関係で多くのコンサートが中止・延期となっております。6月にはそれもなくなることを考え、またホール側も対処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ先生は・・・。

ピアノリスナーにとってハノン、ツェルニー、バッハというのが基本の教本。その中でもバッハは小学生から初めて延々と大学生までずっと関わる作曲家。弾かないという時期はないというおなじみの作曲家。 アンナ・マクダレーナに始まりインヴェンション、シンフォニア、平均律クラヴィーア曲集と弾き続けていきます。もちろんその間にはフランス組曲、イギリス組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気ハツラツ!練習ハツラツ!

世の中暗いニュースですが子供たちは元気です。 外では大きな声で走り回ってますし、近所のスーパーでは、親子で買い物に来た場合はスタンプを押してポイントととし、たまったポイントは金額に変えて使えますというサービスを。そのせいか子供が本当に多い。こんなにいたかしら?と首をかしげるくらい。 そうなのです、子供は学校がないので時間が余って仕方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲目

そろそろ発表会の曲、ソロと連弾を決める時期。 大きい生徒さんは先月決まり、小さい生徒さんは今月から。始めたばかりの生徒さんは来月に決める予定。 小さい生徒さん達には弾きたい曲を決めてきてと宿題。 わざわざ難しい新しい曲を選ぶことはしないので、今弾いている、次回宿題になっている曲か既に弾いた曲かのいずれか。 既にこれを弾く!と決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス

先月から猛威を振るい出した新型コロナウィルス。ついに学校も3月いっぱいお休みとなり。。。 音楽界・美術界も大変なことになってます。 政府の方針を受けコンサートは中止になる、美術館・博物館は休館になる。 特にコンサートは中止となると払い戻しや会場への支払いなどとんでもないことになるので本当は実行したいはず。 元々お隣の国から持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原浜雄ヴァイオリンリサイタル2020

昨晩は藤原浜雄先生のリサイタルでした。 場所は紀尾井ホール。ピアノは奥様でピアニストの三上桂子先生。 今回は前回の紀尾井から3年ぶりのコンサートでした。技術は全く衰えず、音楽性はさらに深みを増していらっしゃり。。。そして藤原先生の音楽ってどうしてこうも素敵なのか。音楽って本当に良いよね、と毎回思わせて下さる演奏でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合格率高いのです

この時期中学高校と受験があり結果も出ます。 私の教室でも中学受験が1人と大学受験が1人。 そのうち中学を受験したAちゃんが見事国立難関中学に合格。 行きたいと言っていたところに見事受かりました。 こちらはお姉ちゃんのHちゃんも一昨年超難関私立女子中学に合格しており、姉妹そろって素晴らしい限りです。 実は私の教室、中学高校大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと治った

腱鞘炎を患っていたTちゃん、予定よりも早く右手を使う許可が出ました。 さすがにこれではと真剣に医者通いをした結果でして。 この後も定期的にマッサージに行ってケアをするようにと話しました。 さて問題は発表会の曲。 5月なので今月から始めないと間に合わないのですが、何しろ3ヶ月使っていない。 しかもここで急に使い始めるとまたぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉ゾリステンVol.47

毎年2回鎌倉芸術館で開催される鎌倉ゾリステン。ここ数年新年の方を聴きに行っています。 今年の曲目はモーツァルトのディヴェルディメントD-dur、シェーンベルグ浄夜、ヴィヴァルディ四季というもの。 モーツァルトとヴィヴァルディは弦楽アンサンブルに於いては鉄板的演目。弦の心地よい響きにホンワカと心和みました。 そして浄夜。実は弦楽アン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腱鞘炎

中学生のTちゃん。小3から私のところに来ています。 途中入室の場合最も問題になるのがテクニック。 彼女もかなり悪い癖がついていました。その1つが手首に力を入れたままガンガン叩くように弾く和音。 このままではいずれ腱鞘炎を発症するに違いなく、根気よく直そうと注意をしていましたが一向に聞く様子がなく。 昨年の発表会の選曲の際どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more