テーマ:日記

便利になった

来年2月に弾く予定の曲の楽譜が今日届きました。 アンドレ・カプレ 2つの小品 夢と小さなワルツ。 昔はわざわざ楽器店に行き在庫がなければその場で発注でした。 しかし今はネットで全て完結。予定を見て買いに行く手間も急に必要になって焦る必要もなくなりました。 もちろん信頼できるサイトであり業者というのが前提ですが、ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話17 スケールとアルペジオ

9月になると日本の権威あるコンクールの各部門が始まります。今年はピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ホルン・作曲。作曲だけはすでに結果が出ており、現時点ではピアノの本選出場者4名が決定、ヴァイオリンが2次予選終了というところ。若い才能が自分の持てる力を全部出しきってコンテストに臨んでいます。頑張れ! 『スケールとアルペジオ(大阪音大編)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話16 ハノン

大きな台風が接近中。 今年は災害が多い。台風シーズンはまだまだ続く。どうなるのかな。 子供のころから必ず弾いたはずの『ハノン』です。 全訳ハノンピアノ教本 (Zen-on piano library) [ シャルル・ルイ・ハノン ] - 楽天ブックス 正式名称は「60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト」と言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーケストラ・明日へのアンサンブル

9月になりました。コロナウィルスの影響で今年の3分の2は何もせずに終わりました。 あと3分の1。何ができるか。 水曜日BS1にて放映された『オーケストラ・明日へのアンサンブル』。 今年5月、孤独の中にいた日本のオーケストラのトップ奏者による<たった一人の音楽>を連ねた番組が、『オーケストラ・孤独のアンサンブル』『オーケスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話15 ピアノのテクニック

8月も終わりになりコンクールの季節到来。 既にいくつかの大きいものは終了、または予選開始。 同級生が夏休みがコンクールでつぶれた~と言っていたころが懐かしいです。 安川加寿子先生が紹介された『ピアノのテクニック』。メトードローズと同じエルネスト ヴァン ド ヴェルドというフランス人の作曲家がショパンのメソッドを採用して書かれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京音楽コンクール

現在東京文化会館にて東京音楽コンクールが行われています。今年で18回目。海外からの参加者もあり審査員も海外から招聘しています。 現在活躍している若手、日本音楽コンクール優勝・上位入賞者もこのコンクールを経験している方多いです。 火曜日が金管楽器、昨日が弦楽器が行われ、明日ピアノの本選が行われます。 このコンクールの面白いところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手が先生

音大に行きたい!と教室に入られた注2のRちゃん。 某大手の音楽教室から移られたのですが、テクニックを含め基礎的なことが全く教えられておらず。基礎からのやり直しという可哀想な状態から5ヶ月、少しずつではありますが前に進んでいます。 その中で特に改善が著しいのが左手。右利きの方は大体そうなのですが、右より左の方が改善が早い。利き手で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話14 ルモアーヌ こどものための50の練習曲 作品37

毎日本当に暑いです。 梅雨のころはもう雨はいらない、と真剣に思ったのですが、現在はお願いだから一雨来て、とこれまた真剣に思ってます。ないものねだりというのは人間の業なのかもしれないです。 ルモアーヌの『こどものための50の練習曲 作品37』。 楽譜 ルモアーヌ こどものための50の練習曲 作品37 LEMOINE / 全音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しいな

先生、私先生のHPを見てから絶対に自分の子供は先生のところでピアノを習わせようと思っていました。 私のところはただ楽しければという教え方は一切せず、大人になっても1人で弾くようになっても困らないように、突然生徒さんが専門の道に進みたいと考えても困らないように、そしてコンクールに頼るようなこともせず一線を画した教え方をしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話13 ル・クーペ(2) ピアノの練習ラジリテー

毎日酷暑です。生徒さんたちも大変。昼間のレッスンは少し時間をずらして行うことに。自転車できているとしてもやはり暑いのは無理。 ル・クーペの『ピアノの練習ABC』の続きにあるのが『ピアノの練習ラジリテー』です。 ピアノの練習ラジリテー [楽譜] [ 安川加壽子 ] - 楽天ブックス 『ABC』に比べると長さも長くなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父兄と情報過多

8月に入り梅雨が明けたと思ったら猛暑。 しかも室内楽の練習の際、フルートが入るため窓を開けての練習。昨日に至ってはゲリラ豪雨の中での窓開け。チェロの方には本当に気の毒なことをしました。今日もバケツをひっくり返したような雨。安定した天気はまだ先かな。 ネットでなんでも調べられてしまう現代。 便利です。私も分からないことがあるとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話12 ル・クーペ(1) ピアノの練習ABC

梅雨が明けたと思ったら猛暑ならぬ酷暑。 外が暑いので外出自粛には案外良いのかもしれません。 ル・クーペの『ピアノの練習ABC』。メトードローズを終えたのちツェルニー100番かこちらかのいずれかを選ぶ場合が多いです。 LE COUPPEY ピアノの練習ABC 安川加寿子 校訂・注 [楽譜] [ 安川加寿子 ] - 楽天ブック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Help!

私のレッスン室にある2台のグランドピアノ。 コロナの影響で大きい生徒さんも小さい生徒さんも2台使ってのレッスン。本来であれば右が私で左が生徒さん。実際どんなホールでも試験でも高音部を客席に向けるためこの位置になるのですが、手指消毒は鍵盤でも必要であり。左側のピアノが人工象牙のため消毒をしてよいのかどうか定かでないため、急遽逆の位置でレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話11 メトードローズ・ピアノ教則本

8月になりやっと梅雨が明けました。 コロナはまだ明けませんが、1つでも明けてくれるとホッとします。 メトードローズ。フランスの代表的な導入書。安川加寿子先生が日本に紹介してくださったと記憶しています。私の場合バイエルと併用して弾いていました。 メトードローズ・ピアノ教則本(上巻) 幼児用 [ エレネスト・ヴァン・デ・ウェル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドピアノは便利

H君。 今週からシャープが新しく出てきました。 シャープ、そしてこの後出てくるフラット。 単純に黒いところ(黒鍵)を弾くと教える先生が多いです。それは間違っているのですが、子供に全音と半音を教えるのはとても難しいため、最初のころはそう済ませてしまうようです。 ところがグランドピアノがあるとそれが即解決なのです。 全音と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話10 バーナムピアノテクニック

各オーケストラが観客を入れてのコンサートを始め、小さな会場でのコンサートも少しずつではありますが始まってきました。 しかしここに来てのまたもや感染者増。う~ん、どうなるのか。 本来であればこの時期は夏の音楽祭が多数行われている時期。私がお世話になった霧島国際音楽祭も今週の月曜から始まるはずでした。その他私が知っているだけでも3つが中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5ヶ月ぶり

昨日今日は自宅で秋にあるコミュニティーの演奏会で演奏する2組のリハでした。 なんと5ヶ月ぶり。コンサートが延期になったので。 組み合わせはフルートドゥオ。もう1組がチェロ・フルート・ピアノのトリオ。 このご時世ソーシャルティスタンスを守ってとのことで。 いつもであればフルートを横にして行うリハも今回ばかりは2台あるピアノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話9 トンプソン(3) 現代ピアノ教本(1)

う~ん、コロナ終息見えません。 しかし黙って大人しくしていることも出来ません。 秋にはコミュニティ関係の本番が組まれています。 コロナはあれど練習は変わらず。 トンプソンの3回目。『現代ピアノ教本(1)』です。 トンプソン 現代ピアノ教本 (2) [楽譜] [ ジョン・トンプソン ] - 楽天ブックス 私が大学で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ始まりました

新型コロナの影響ですべてがストップしてしまったクラシック界。 先月から徐々に動き出しましたが観客動員数5000以上が可能になった今月からオーケストラの観客を入れての演奏会が始まりました。 友人がいるオーケストラも演目を変更しての演奏会が一昨日に始まり、お客さんもですが演奏をしている団員たちが最も嬉しかったとのことでした。響きのあるホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話8 トンプソン(2) 小さな手のためのピアノ教本

九州の大雨は衰える様子がないです。 関東も当初梅雨明けは早いという予想が見事に覆り、もしかしたら平年よりも遅いのではと思えるような先の天気。予報は外れるのが普通なのですが果たして。 トンプソンの2回目は『小さな手のためのピアノ教本』。 小さな手のためのピアノ教本 [ ジョン・トンプソン ] - 楽天ブックス 大学にピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日にちょっとお薦め

今年の梅雨の雨は各地、特に九州地方に甚大な被害をもたらしています。 未だやむことのない雨。 自然は私たちに何を訴えたいのかなと思います。 雨にちなんだ曲、まず思い浮かぶのがショパンの雨だれ、ブラームスの雨の歌。 しかしそれもずいぶん聴いたな~と思って色々と探していたらこういうものが見つかりました。 https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話7 トンプソン(1) はじめてのピアノ教本 第1巻&第2巻

梅雨の末期のような雨。 新型コロナはまだまだ収まる気配はなく。 それでも在京オーケストラは観客を入れた演奏会を始め、個人のコンサートも少しずつではありますが開催の様子。 少しずつではありますが前進です。 今回はトンプソン。『はじめてのピアノ教本 第1巻&第2巻』です。 日本語ライセンス版 トンプソン : はじめてのピア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が好き

小2のRちゃん。 現在カバレフスキー作曲『ゆううつな雨』を弾いています。 左手の和音をポツンポツンと弾く感じがまさに鬱々なのですが、小2の子供に鬱々と言っても分かりません。 なので 『雨って外で遊べなくて濡れて嫌よね~。雨好きではないでしょ?』 と聞きました。その好きでないやだな~という感じで弾こうね、と提案する予定で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話6 カバレフスキー(3) 6つのプレリュードとフーガOp.61

クラシック界も少しずつですが前へと進み始めました。 オーケストラのコンサートが観客数制限でライブが始まり、小さい演奏会も少しずつ。 無理は禁物ですが何もしないよりはと思います。 カバレフスキー。3回目はバッハインヴェンションを始める前にどうかなと使い始めた『6つのプレリュードとフーガOp.61』です。 楽譜 カバレフスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決まりました!

今年中止となりましたコンサート『室内楽の愉しみ~ベートーヴェンに寄せて』。 来年6月20日に決まりました。 人気のある会場なのでどうなるかと心配していたのですが、無事抑えることが出来てホッとしています。 ただ心配なのがコロナ。来年の春には落ち着いて収まってくれればよいのですが。 また同じようなことが起こらないよう祈るばかりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話5 カバレフスキー(2) 子供のためのピアノ小曲集Op.27

今年の梅雨は雨が大量に降ったりいきなり真夏日になったりと不安定。 庭の花たちも時期がずれて困っているのが見えてます。 梅雨は鬱陶しいけれどここで雨が降らないと、今度は夏に水不足が起こるので。 ほどほどにお願いしたいところです。 今回はカバレフスキー。 第1回の際少し触れました『子供のためのピアノ小曲集0p.27』です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譜読み・・・その後

譜読みが好きではないTちゃん。 先週新しい曲を宿題に出す際、弾かずに左右の楽譜のリズム読みと音読みを宿題にしました。 さて、今週その結果は・・・パーフェクト。 1つも間違いはなく正確に読んでいました。 なのでその場で弾いてみることに。 最初は、えー!、と言って腰が引けていましたが、弾いてみるとどんどん弾ける。しっかり読んでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話4 バッハ(3) アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集

梅雨入りしました。 梅雨になると一番困るのが湿気。ピアノが湿気て音が出なくなるわハンマーが重くなるわ。除湿器フル稼働の季節です。 教材よもやま話・・・バッハが続きます。 今回は『アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集』です。 標準版 バッハ アンナ・マグダレーナのための クラヴィーア小曲集 改訂版【楽譜】 - エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譜読み。。。

頑張り屋のTちゃん。 ピアノが好き、というのはとても分かるのですが、実は新しい曲が苦手。なぜなら譜読みが好きではない。 小1で私のところに習いに来始めました。それまでの先生は優しい教え方だったそうですが、肝心なことは一切教えていなかったようです。来た当時はト音記号も怪しくヘ音記号はほとんど読めない。リズムもい自分ではそれほど考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話3 バッハ(2) 小プレリュードとフゲッタ

先日将棋の藤井聰太七段が棋聖戦の挑戦者となり最年少記録(17歳10ヶ月20日)を更新したと話題になりました。 挑戦する渡辺明棋聖が確か36歳。棋聖戦への挑戦をかけて戦った永瀬拓矢2冠は27歳。 若くて頂点に達するのはクラシック界だけではなさそうです。 今回の教材よもやま話はバッハ(2)。 前回インヴェンションとシンフォニアに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more