ピアノが上達するための3つの義務…その3(1)

さて3つ目の義務…それは習わせる側の義務 です。
意外と見過ごされていますが、ここに根本的な問題が潜んでいる事も多く見受けられるのです。

習わせる側…つまり親御さんの背負う義務は、習う本人以上に大きなウェートを占めています。何故ならば習う本人の義務を果たすための道しるべ、習慣づけを実際行うのは我々教師よりも毎日接する親御さんの方なのですから。

それでは具体的にはどういう事なのか1つずつ書いていきます。

※お金さえ払っていればよいわけではない

お金…つまり月謝さえ払っていれば、習わせてさえいればピアノが上達すると思っている方がものすごく多いです。でもこれは間違い。自宅での学習が最も上達を左右するのです。
子供は基本的に1人で練習するのは嫌いです。特に小さければ小さいほど。隣にお母様が座っている事で安心するのですね。
また子供は根本的に練習が嫌いです。それを練習をしなければ上手くならないという事をいかに子供に教えるかという事も親の仕事になります。

しかし最近の親御さんは上記の2つをしない方が増えています。ただ通わせていれば簡単に弾けるようになると、自分は分らないのだから家では何も出来ないとすぐに言い訳をします。
ならば何故ご自分も一緒に勉強をしようとしないでしょうか?

私は常々お母様方に「お子さんと一緒に勉強をするつもりで通って下さい」と申し上げています。テクニックなど難しい事は仕方ないのです。しかし楽譜を読む…音を読んだりリズムを読んだりする事は、レッスンを見学していれば分る事です。

初期教育においてまず重要な事は楽譜を読む事です。ですから家できちんと順番を踏んで楽譜を読んでいるかどうかを、子供の隣に座って確かめる必要があるのです。
ここできちんと読めるようになればまず第1段階突破となりますが、躓いたままでいれば子供はどんどん弾けなくなり辞めると言い出すに時間はさほどかからないでしょう。

また少し曲が進んだ段階では、今度は間違いを繰り返さないような練習を習得しなければなりません。でもこれはかなり面倒な事。子供1人で根気よく出来る事でもありません。
その場合もどこかで必ず聞いているようにして、上手く弾けない部分があれば、その箇所を部分的に繰り返して練習する事を習慣付けてあげなくてはいけません。

この2つが出来てくれば後は必然的に弾けるようになってきます。というよりもこれらがきちんとできるようになるという時期は、それだけ年齢も高くなってきますから自分の意志で色々とするようになってくるわけです。

でも多くの方がこの段階に至る前に子供から手を引いてしまいます。
なぜでしょう?
その理由として反抗・反発。そして1番多くいわれる理由が自分から練習をしないという事。自分から弾かないから好きではないと。

自分から練習をしないと嘆くお母様たちに私は問いたい。ご自分達が子供の頃はどうだったのですかと。自分から進んで練習しましたか?ピアノでないにしても…例えば勉強にしても自分から好き好んでやっていましたか?

勉強は義務だから違うと仰るかもしれません。しかしいやな事は同じだと思います。
ただ「練習しなさい」と声をかけるだけではダメなのです。声をかけるだけでご自分が他に楽しい事や好きな事をしていてはいけないのです。家事の時間にかかるのであれば、それ以外の時間に練習するよう子供に習慣をする事が重要なのです。

反発・反抗…これはどんなお子さんでも、ピアノの事だけでなくありえます。何故反抗するのかは色々な理由がありえます。自分の欠点を言われたくないから。遊びたいから。練習が面倒だから。
自分の欠点を言われたくない…これは大人でもよくある事ですよね自分の欠点には目をつぶりたいものです。でもそれが良くない事はお母様ご自身が1番よくご存知ではないでしょうか?
練習が面倒…これは先にも述べましたとおり当たり前の事です。
遊びたい…これも普通の子供の考えです。つまり両方ともごく当たり前の子供の考えなのです。

ではどう対処すべきか。
まず欠点を言われたくないという事については、誰でもそうなのだからと、お母さんもそうだったのだと(そうでない方もいらっしゃるとは思いますが)話をして、言われた事を素直に治した方が結局近道になるのだと教える事だと思っています。アドバイスというものはそういうもですよと。根気よく伝えていけば分ってくれます。
また時々「だったらお母さん弾いてみてよ」と口答えする生徒さんもいます。その場合は「あなたは先生から習っているのだから弾けて当たり前ですよ。お母さんは習っていないのだけど先生のお話を聞いてちゃんと分っています。悔しかったらその通り弾いてみなさい」と言ってみる良いかもです。実際私の目の前でこのような口答えをするという話を聞き、今のように話したら何も言わなくなったそうです。

次に最初の2つに関しては小学校までにきちんと習慣づけをする事です。何時になったらピアノの前に座る。幼稚園のうちにこの習慣をつけてしまえば、面白いことに小学校に上がっても練習をしないという事はほとんどありません。自分から座る事を忘れても、一言おっしゃれば嫌がらずに座ります。習慣というものは本当に不思議なものなんです。

私も幼稚園生の生徒さんとお母様の目の前でよく約束をします。
1日10分でよいから必ずピアノ前に座りましょう。それも必ず時間を決めて座りましょうと。
そしてお母様にもきちんと時間を決めて声をかけて座らせるように話します。
これをきちんと実行された場合…私のところの生徒さんはほぼ全員実行する、あるいはされてきましたので…小学生になっても練習をしませんと言う生徒さんは1人としていません。
もちろん時間はそれぞれですけれど、座らないと言う生徒さんはいません。そしてそれができれば例え進路が遅くとも、確実に弾けるようになってきます。

むしろ他の教室から私のところにいらした生徒さんには、小学生以上の場合は習慣づけが出来ていない場合が多いため、どうしても毎日座らないという場合がものすごく多いです。結局習慣づけが間に合わないという事なのでしょうか。そうなりますと最終的には付いてこれなくなり…特に多くの宿題を出しているわけではないのですが、発表会でどうしてもレベルの差が出てきてしまいますので…退室してしまいます。

練習する習慣、毎日ピアノの前に座る習慣、きちんとした読譜や考えた練習をする習慣…これらの習慣付けがまず1つ目の習わせる側の義務になります。

長くなりましたので続きはまた次回という事で。

☆コンサート情報

私の音楽の原点ともいえる藤原浜雄先生のコンサートが2015年2月6日に紀尾井ホールにて行われます。

詳しくはこちらを

コンサートのお知らせ 藤原浜雄ヴァイオリン・リサイタル 2015



☆HPリニューアルしました
  随時生徒募集中(^^)

http://www.yamanouchipiano.com/

是非お立ち寄りくださいませ♪




ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村














"ピアノが上達するための3つの義務…その3(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント