教材よもやま話15 ピアノのテクニック

8月も終わりになりコンクールの季節到来。 既にいくつかの大きいものは終了、または予選開始。 同級生が夏休みがコンクールでつぶれた~と言っていたころが懐かしいです。 安川加寿子先生が紹介された『ピアノのテクニック』。メトードローズと同じエルネスト ヴァン ド ヴェルドというフランス人の作曲家がショパンのメソッドを採用して書かれて…
コメント:0

続きを読むread more

東京音楽コンクール

現在東京文化会館にて東京音楽コンクールが行われています。今年で18回目。海外からの参加者もあり審査員も海外から招聘しています。 現在活躍している若手、日本音楽コンクール優勝・上位入賞者もこのコンクールを経験している方多いです。 火曜日が金管楽器、昨日が弦楽器が行われ、明日ピアノの本選が行われます。 このコンクールの面白いところ…
コメント:0

続きを読むread more

左手が先生

音大に行きたい!と教室に入られた注2のRちゃん。 某大手の音楽教室から移られたのですが、テクニックを含め基礎的なことが全く教えられておらず。基礎からのやり直しという可哀想な状態から5ヶ月、少しずつではありますが前に進んでいます。 その中で特に改善が著しいのが左手。右利きの方は大体そうなのですが、右より左の方が改善が早い。利き手で…
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話14 ルモアーヌ こどものための50の練習曲 作品37

毎日本当に暑いです。 梅雨のころはもう雨はいらない、と真剣に思ったのですが、現在はお願いだから一雨来て、とこれまた真剣に思ってます。ないものねだりというのは人間の業なのかもしれないです。 ルモアーヌの『こどものための50の練習曲 作品37』。 楽譜 ルモアーヌ こどものための50の練習曲 作品37 LEMOINE / 全音…
コメント:0

続きを読むread more

嬉しいな

先生、私先生のHPを見てから絶対に自分の子供は先生のところでピアノを習わせようと思っていました。 私のところはただ楽しければという教え方は一切せず、大人になっても1人で弾くようになっても困らないように、突然生徒さんが専門の道に進みたいと考えても困らないように、そしてコンクールに頼るようなこともせず一線を画した教え方をしています。 …
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話13 ル・クーペ(2) ピアノの練習ラジリテー

毎日酷暑です。生徒さんたちも大変。昼間のレッスンは少し時間をずらして行うことに。自転車できているとしてもやはり暑いのは無理。 ル・クーペの『ピアノの練習ABC』の続きにあるのが『ピアノの練習ラジリテー』です。 ピアノの練習ラジリテー [楽譜] [ 安川加壽子 ] - 楽天ブックス 『ABC』に比べると長さも長くなってい…
コメント:0

続きを読むread more

父兄と情報過多

8月に入り梅雨が明けたと思ったら猛暑。 しかも室内楽の練習の際、フルートが入るため窓を開けての練習。昨日に至ってはゲリラ豪雨の中での窓開け。チェロの方には本当に気の毒なことをしました。今日もバケツをひっくり返したような雨。安定した天気はまだ先かな。 ネットでなんでも調べられてしまう現代。 便利です。私も分からないことがあるとす…
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話12 ル・クーペ(1) ピアノの練習ABC

梅雨が明けたと思ったら猛暑ならぬ酷暑。 外が暑いので外出自粛には案外良いのかもしれません。 ル・クーペの『ピアノの練習ABC』。メトードローズを終えたのちツェルニー100番かこちらかのいずれかを選ぶ場合が多いです。 LE COUPPEY ピアノの練習ABC 安川加寿子 校訂・注 [楽譜] [ 安川加寿子 ] - 楽天ブック…
コメント:0

続きを読むread more

Help!

私のレッスン室にある2台のグランドピアノ。 コロナの影響で大きい生徒さんも小さい生徒さんも2台使ってのレッスン。本来であれば右が私で左が生徒さん。実際どんなホールでも試験でも高音部を客席に向けるためこの位置になるのですが、手指消毒は鍵盤でも必要であり。左側のピアノが人工象牙のため消毒をしてよいのかどうか定かでないため、急遽逆の位置でレ…
コメント:0

続きを読むread more

教材よもやま話11 メトードローズ・ピアノ教則本

8月になりやっと梅雨が明けました。 コロナはまだ明けませんが、1つでも明けてくれるとホッとします。 メトードローズ。フランスの代表的な導入書。安川加寿子先生が日本に紹介してくださったと記憶しています。私の場合バイエルと併用して弾いていました。 メトードローズ・ピアノ教則本(上巻) 幼児用 [ エレネスト・ヴァン・デ・ウェル…
コメント:0

続きを読むread more