落ち着き

落ち着きのない生徒さんが最近増えています。
私が子供の頃は先生の話を聞かなかったり、先生の前で行儀が悪いという事はまずなかったですし、椅子に10分も座っていられないという事もなかったです。
しかし最近は話を聞かずピアノで遊んでみたり、じっとして座っていられず体の向きを変えたり揺らしたり。
それを見ているお母様もご自宅でもそうだと言いながら、言っても治らないからとそのままにしていると。

そういう生徒さんのご家庭の様子を見ていると、生活自体が落ち着かないようです。学校・幼稚園が平日あるのであれば休日は家にいる、家で家遊びをして静かに過ごす、出掛けるとしても近くで、というようなごく普通の事ができず、毎週毎週土日にかけて旅行に行ったりキャンプに行ったりと。長期休みになれば1ヶ月間自宅を留守にしたり、計画的にではなく思いつきで旅行に行ったり。

先日もお正月にかけて1ヶ月も休んだと思ったら、その1週間後には幼稚園を休ませてまた旅行に行き、結果元々1ヶ月ピアノを弾かない生活から2・3日でレッスンに来て、またすぐに弾かない状態を作り。
そうなればレッスンに来たとしても生徒さんの方はピアノ練習をしていないわけですから弾きたくないし、遊んでばかりいるわけですからレッスンに集中する事せず。

子供の性格・行動は全て親の責任なのです。
親の考えようでいくらでも子供は集中させられます。
それを自分たちが遊びたいがために最も大事なことを犠牲にしている。

この事を伝えましたらその生徒さんは辞めることになりました。
余計な事と腹を立てられたのかもしれませんが、それは事実だから事腹が立つわけでして。

子供は親の鏡。子供を見れば親がわかるとよく言われます。
練習をしてほしい、ピアノを弾けるようにさせたいと言うのであれば、まず親御さんの方の考え方をしっかり持ち、勉強をする生活環境を整える事が必要だと思います。

☆コンサートをします

コンサートのお知らせ http://kemeko1965.at.webry.info/201701/article_6.html

☆HPリニューアルしました

http://www.yamanouchipiano.com/

随時生徒募集中です(^^)
是非お立ち寄りくださいませ♪


☆ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック