ピアノ教室なのですが。。。

この時期新入の生徒さんが結構多いです。

入室の際必ず事前にお母様とご本人とお話をさせていただきます。
そこで先方のレッスンの進め方の希望等細かく聞き、こちら側の指導方針をご説明。
納得が行ったところで入室→翌週、あるいは翌月からレッスン開始となります。
その間生徒となられる予定のお子さんの行動を見て、さてどう対処するかなと考えているわけで。

私もこの道30年のベテランですからそれほど子供の行動には驚きません。
しかし最近特に思うのが・・・躾ってどうなってんの?

お母様と話をしている間大人しく座っていられないとしても大声で泣き叫んだり、レッスン室と応接室はつながっているのですが、その間を行ったり来たり走り回ったりピアノの下にもぐったり。
それだけならばそれほど危険はないのですが、ある時は隣室のピアノの蓋を開けて勝手に弾いたり応接室においてあるものを片っ端から手に取り振り回したり。

置物は確かに置いてある方が悪いと言われますが、ピアノの蓋を開けるのはさすがに問題が大きい。ピアノの蓋って実はとても危険な産物で、何かの拍子で閉じて手の上に落ちると、子どもの手や指の骨が折れてしまう事もありますぁら。

問題はそういう行動をさせる親御さん。私の小さいころなんて他人様のお宅の物を勝手に触ってはいけないときつく言われて育ちました。もしそんな事をしたらその場できつく叱られます。当然ですよ~破損したら大変な事になりますから。しかも先生のお宅の物を触るなんてもってのほか。
今の子供たちはそういう大切な事を教わらないで育っているみたいです。

その行動が面接の際だけであればまだしも、つまりきちんと自宅で注意をして辞めさせて下されば何の問題はないのですが、何回かレッスンをした後でも繰り返す生徒さんもいらっしゃって。
私は2台のピアノでレッスンをしますが、小さいお子さんの場合は1台だけしか使わないので当然開けるのは1台のみ。
レッスンが終わりお母様とお話しているとあっという間に開いていないピアノの方に行き、勝手に蓋を開けて弾きだす事も。それを見ていたお母様・・・特に注意するでもなく話を続け、結局私が注意をし辞めさせる事に。

そこで初めてお母様が注意をするのですがそれも

『大人しくしていなくちゃダメでしょ』

だけで、肝心の

『他人の家の物、特に先生のお宅の物を勝手に触ってはいけない』

という部分はスルー。

仕方がないので私がまたまた

『他人の家の物や先生の家の物を勝手に触ってはいけないのよ、壊れたり怪我をしたら大変でしょ』

と話す始末。
そしてそれを聞いていて親御さんの止めの一句

『すみません、そういう躾は私が言っても聞かないので、先生どしどし躾けて下さい』

あの~~ここはピアノ教室で躾教室ではないんですが。。。


この手の親御さんが結構増えているので最近では呆れるどころかまたかって感じ。
ただそういう事を繰り返す方ってレッスンも長続きしません。
けじめがつけられないからレッスンをしても上達しないんです。
躾とレッスンは表裏一体。
途中退室率No.1。

最初お話をして余程これは無理、とならない限りはお断りする事は私の方からはありませんが、案外それがいけないのかなと思うこの頃です。

☆HPリニューアルしました

http://www.yamanouchipiano.com/

随時生徒募集中です(^^)
是非お立ち寄りくださいませ♪


☆ランキング参加中 よろしければポチをお願いいたします(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村





























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック