何とか間に合った^^;

来年の本番の2曲。
それこそ年が明けたら発表会の曲に取り掛からなくてはならないので、年内に何とかめどをと思ってました。
で~7・8月でMendlssohnを、9・10月でSchubertの譜読みを完全に終わらせるという計画を立てたのです。

Mendlssohnは新曲なのでかなり大変でした。その分少し予定がずれ込み…こんな事で間に合うんか~Schubert状態になってました。
そんなこんなで焦りながらも取り掛かったSchubertですが、10月を1日残して何とか全楽章クリア。一応予定通り。
確かに1度弾いていますから楽は楽なんですが…弾いてみると以前はこんな事簡単に弾けたのに~って思うことがものすごく多く。最初の頃はかなりパニック。過去を見てしまうと本当にダメなんですね。

でも弾いていくと15年前の事でも色々と鮮明に思い出してきまして。なんかとっても懐かしくなってきました。
あの時は霧島のセミナーでオプションのアンサンブルのコースであてがわれたんですよ。
しかも一緒に組んでくださったのが、とんでもない方々。ちなみにVnはその後もずっとお世話になった小森谷巧さんという事で…これが縁になったのは言うまでもありません。
自分のソロ曲を全部放り投げて必死に練習しましたね。実際あわせていただくと、もうダメだしたくさんで、しかもピアノの音で2人の音を見事なぎ倒してしまったし(;´▽`A``
本当に懐かしい~~~。

まさかこの曲を実際に本番に載せる事になるとは思わず…なんとも幸せな感じです。
楽しみがあるから練習できる…だからこそ間に合ったという事なのかもしれないです。

明日から11月。
これからは2曲の苦手な所をピックアップして練習。
来年5月に合わせがありますから、発表会後慌てずに済むように8割方仕上げたいと思ってます。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック