向上心と競争心…音楽に必要なのは?

上手くなりたい・色んな曲を弾けるようになりたい…多くの生徒さんは基本的にこういう考え方を持っていると思います。これが上手くなる原動力。これがあるから練習も頑張れる。いわゆる向上心てものですね。
私が習っていた頃もとにかく曲が進みたいとか、先生に誉められたいとか、このような理由だったです。これがなければまず続かなかったかと。「好き」だけでは…もちろん「好き」というのは大切ですが…それだけではあの大変な練習にはついていけません。
しかし最近の生徒さんたちってこういう「向上心」というものが少ないです。もちろん上手くなりたい・早く○○が弾けるようになりたい…という事は思っていますよ。でもじゃあそれに向かって必死になれるかというと全くそうではない。

粘りがないというのはかなり以前から言われていましたが、今はそれにプラスして人の話を聞かない・聞けない、自分流を押し通したいという子供が増えています。上手く弾けない所やおかしい所を、こちらはアドバイスとして色々な事を教えても、全く聞いていないのでいつまでも治らないで堂々巡り。それが何週間も続いてこちらが怒らないとダメ。
それでも怒ってこちらのアドバイスを聞けばまだ良い方。そういう考えを全く持たない子供もものすごく増えていますから。

もう1つ言えるのは面倒な事がいやなので、上を見ようとしないことですね。
先日もある生徒さん。

いくら注意をしても全然直さないし、お母様が譜読みを見ていておかしい箇所を指摘すると「自分には出来ない」と平気で口答えをする。間違えてい弾いてるのに「間違って弾いていない、家では出来てたもん」といって済ましていて、後でお母様に「家でも出来ていませんでした」と言われて、お母様を叩きだす。

この生徒が私に話したのが「私の友達は、私が○○を弾いている時、トンプソンの真ん中だったもん」という事。つまり自分は友達の中で1番弾けるんだから、練習なんてしなくてもいいんだ~って感じなんです。私のところの他の生徒さんはもっと先を弾いていて、先日の発表会でも分っているはずなのに、自分の楽な方楽な方に目を持っていく…これが最近の1番の特徴みたいです。
そうなるといくら生徒自身に上手くなる資質を持っていたとしても、本人が下ばかり見てお山の大将状態であれば伸ばすことは出来ません。

向上心…競争による向上心というのは私はそれほど好きでありません。目標を持つというのと、他人と競争をするのとは違いますから。しかしこういう生徒の言葉を聞くと、やはり競争をさせなくてはいけないのかと考え込んでしまいました。

必要なのは向上心ではなく競争心なんでしょうかね。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック